相模湾シーラ・カツオ・ポッパー・メタルジグ・プレデター垣内の釣り日誌プロショップマリン

 8月9日 相模湾シーラ釣行
この日は台風の影響が心配されたが、波も思ったよりもなく本日初体験の一人を含む
8人で出船。
先週釣れた近場のポイントには魚の姿は見えず、ナブラ、浮遊物を探して潮目を南下
する事3時間。
まいったー!と言うくらい何も見つからない!
睡眠不足の私はクーラーの上でちょっと横に……いつの間にか寝てしまった。
(知らない間に写真を撮られていた!)
家宝は寝て待て!ナンテネ!
移動中にこうして寝る事もできるのが
この釣りの良い所でもある。
夢のカナタでバタバタと音がしだした……なんだ……?と起きて見ると………!
カツオのナブラ発見!
戦闘体制になっていた、船首で今日は1本釣りをしたいとK氏が始めたがサバが釣れた。
ジグにも………そしてK氏にシイラが……しかし……小さすぎる30cm?
小シイラ、と言ってる内に私にも……これはシイラというよりもMINIRAだな!と言っている間に
K氏に本カツオがポツポツかかり出した、気を取り直しスキルジグをキャスト!
よ〜しヒット!2kg位だと抜き上げようとした瞬間、ポロッ!(ジャボン!)落としてしまった!
ざんねん!そしてまたヒット!今度こそ、しかし……途中でバレてしまった。
その後もバレ続け釣れなくなってしまった。

そして次のナブラジグをちょうど泳ぐくらいのスピードで引くと……
横からガツッと来るがフックアップしない!やっと1本キャッチした、そのご色々試したが1番来
るのが上記のやり方でしかし、釣れなくなってしまった。今日はこの大磯沖に魚が多いようで
船が溜まっている・・・無線を聞くと<食わない!
すぐ居なくなる!潜ってしまう!周りに船は溜まっているけど余り釣れてない!と言っている。
こちらは釣れ出した!
初参加のF氏もロッドが曲がっている、みんなバタバタと釣れ出した、K氏は皆の分のおみや
げにと1本釣りで数を稼ぎ出した……私は何もない離れた場所へキャストし10秒位沈めて
からグイッ!グイッグイッ!とシャクリながら引いてくるとガツッ!とヒット・・・・
これが当たりその後も数を稼げた。

散水の中へ110のイワシを入れていたY氏は入れ食い状態になっていた、船上はカツオで
足の踏み場が無くなってきた・・・・
そのころ珍しいO型と言われているM氏はエラを取り内臓を取り血抜きを始めていた。
(帰りに友人に宅配便ですべて送ってしまった……いいかもしれない!)
つられて皆も美味しく食べれるのならと血抜きしてしまった。

そしてまたカツオが釣れ出した、中に色の青い大きな魚が……?シイラだ!
あわててペンシルへチェンジ!あ〜追ってきた……けど……あ〜帰えっちゃった!
ど.こ.へ..いっ.ちゃっ.た.かな?ヒットー!前のH氏にかかってしまた!
あきらめちゃ イケナイ!
  どんな時でも
  ミノーを投げ続ける!
  H氏であった!
よ〜し来たぞ!
よかったー
もうシーラ
釣れないかと思ったけど
……もう.ちょっ.と……!
はいったー!
本日最大はこの魚

 84.5cmでした!

 さすがにしっかり
    釣りますね〜!
今回は魚を美味しく食べるための その1
@まずエラの下アゴ側を
持ちしっかり持って
グイッと引っ張る!
 A↑こうなる!エラの
下の細い所に薄い骨が
有るので指を
切らないように注意!
Bエラの胸ビレ側に
半透明の薄い皮が有る
そこを指で破る!
Cそして引っ張ると
胃袋がズボッ!と
抜ける!
D腹の肛門側から頭側へ親指で押してやると残りの内蔵が出て来るので手を突っ込み
引っ張り出す!そして内臓を取った腹へ海水を入れて洗い流し終了!
クーラーへ氷を入れ魚を入れ最後に海水を魚体が沈むように入れる!
(コレで鮮度最高のうまい魚が食べれる!)
氷だけを入れ海水を入れない人がいるがコレはダメ!魚の身自体に塩分があるので
氷が溶けた真水を塩分が吸い込み魚のみの中に入ってしまう!すると身は当然
マズクなってしまうのです!
海水が無い場合には塩を多めに振り掛けておくと良い!(淡水魚も同様)
トップへ! 8月26日 釣り日誌メニュー 製品情報! ショッピング
   著作権はプロショップマリンが所有しています。無断の改変・転載は禁じます。
     Predater Kakiuchi

(C)200107 ProShop Marin
Produced by Predater Kakiuchi